<注意>  最大化画面にてご覧下さい。

  

 アトピー性皮膚炎

  

アトピー性皮膚炎とは?

辞書で調べるとギリシャ語【奇妙】【不思議】という意味なのです。

なぜなら・・・・・、現在の中高年以上の年代にはありません。

戦後のこの数十年で出来た現代病なのです。

(なぜか?については、後で詳しくご説明します。)

もし、病院で「アトピーですね」と診断されたら・・・

「奇妙ですね」「不思議ですね」と言われているのと同じなのです。

原因は、遺伝による先天性の方もいますし、生活習慣からの後天性の方もいます。

 

 アトピー性皮膚炎患者100万人(潜在患者を含め1000万人)

20年間でアトピー患者は7〜10倍に増加

幼稚園児の3人に1人の割合へと増加しています。

なぜ、こんなにアトピー性皮膚炎が増えるのでしょうか?

それは、生活環境の悪化や食生活の欧米化、食品に含まれるありとあらゆる化学物質、

大気汚染、それと密閉された住居環境でのダニ類の増殖・・・他にもいっぱいあります。

もう1つの大きな問題は、現代社会や人間関係など「ストレス」が原因だと言われています。

ところが、今の医学ではアトピー性皮膚炎を根本的に治療する方法を持ち合わせていません。

アトピーは、お肌だけの問題ではありませんね。

アトピーは、皮膚の病気ではなく、免疫異常の病気なのです。

皮膚だけではなく、内臓にも、精神的・性格的にも影響して、

子供にまでも遺伝します。

 

なるべくなら、子供のうちに、少なくても出産前までに改善しましょう

POINT    2歳児と高校生だけは、開始するのは控えましょう

   2歳児・・・精神的に発達しておらずに、親から言われている事がまだ理解出来ません。

              そして、ガマンも出来ませんので、1歳までか、3歳から始めましょう。

  高校生・・・改善したい気持ちはあっても、年頃の高校生はオシャレ優先になってしまい、

            改善に対して本気にはなかなかなれませんね・・・。

アトピーの人に多い特徴

アトピーの人には以下の事が共通しています。

1、内臓が弱っている人が多い。

特に・・・胃の吸収率が悪い人が多い

(栄養素が取れにくい体質になっている)

呼吸器系が弱い人が多い (喘息になりやすい)

2、喘息・蓄膿症・アレルギー性鼻炎・結膜炎・中耳炎・・・

などを全部一緒に持っている。

3、マイナス思考の人が多い

改善の為に色々と試したものが合わずに「どうせ・・・」という

考え方のクセがついてしまい、性格的に素直さが減っていく・・・。

4、血液がドロドロの人が多い

身体が酸化している事によってアトピーになっているため。

5、ストレスが溜まりやすい人が多い

    (食生活が崩れていると、ストレスでアトピーになる人もいる)

6、食生活が良くない人が多い

   例えば・・・

   ◎野菜や魚介類が嫌いで、肉や脂っこいものが好きな人が多い。

   ◎コンビニ食、ファーストフード、加工食品が好きな人が多い。

7、年齢よりも老けて見える人が多い

(身体が酸化している為に、年齢よりも老けて見える)

8、手が冷たい人が多い

(血液循環に障害がある)

9、結石になりやすい

10、腎機能が低下しやすい

(男性に多い)

アトピーの改善には、必ず以下の全ての改善が必要です。                             

                    1) 食べ物と栄養補助食品

                   2) 化粧品・シャンプー・石鹸・水

                   3) 肌にまとう物

                   4) 生活習慣

                   5) メンタルトレーニング

                   6) 紫外線・空気

                   7) 薬物(ステロイド系)の排除  

  

さらに詳しくご説明します。

アトピー肌の状態

アトピーの原因

アトピーの症状

アトピーのメカニズム

アトピーと便秘

アトピーと低体温

アトピーと冷え性

ステロイドの怖さ

 

アトピーの合併症

    

アレルギーマーチって?  

  

アトピーの改善

アトピーと食生活

アトピーと住環境

                                                  

inserted by FC2 system