<注意>  最大化画面にてご覧下さい。

    

 合成界面活性剤って何? 

   

歯みがきの後に味が変わりませんか?

汚れた髪を洗っても、泡立ちが良いのはなぜでしょうか?

それは、界面活性剤が使われているからです。

界面活性剤とは、水と油の境界面を活性化(混ぜて乳化させる)して、油汚れを取る洗浄剤。

天然と合成(微妙の天然成分を核として化学合成したもので安価)のものがあります。

    

消費者センターの被害は、日用品(化粧品など)の被害が一番多いのが現実です。

でも、詐欺よりも何よりも体に関わる事なので重要ですが、

どんな被害にあおうと、日本のテレビでは報道されません。

そして、注意を促す事もありません・・・。

また、日用品に関しては、学校でも学びません。

最近は、病院でもアレルギー科や皮膚科、東洋医学の治療院などで、

きちんと勉強している良心的な医師などは患者に対して指導する様になりました。

  

でも、疾患を抱えている人や被害を受けた人だけでなく、

使っている全ての人に被害が出る可能性は大きいものなのです。

だからこそ、一人一人がご自身で学んで選ばなければならない物なのです。

   

これらによって、アトピー性皮膚炎や、子宮内膜症、不妊、奇形児・・・などに

悩んでいる方が急増しています。

海の水質汚濁も、家庭排水による合成界面活性剤が一番の原因と発表されました。

それによって、奇形の魚も増えていて、食物連鎖で必ず人々に返って来ます。

  

でも、「テレビで言わないから・・・」、「今はなんともないから・・・」と、

中には「そんなの気にする事ない!」と思う方もいるでしょう。

聞いた事はあっても・・・、知識はあっても・・・

自分に起こるまでは他人事と受け止めてしまいませんか?

 

合成界面活性剤にも、花粉症と同じ様にキャパがあります。

そして、そのキャパがいっぱいになった時に異常が現れます。

私を含め、花粉症になった事のある方なら理解出来るでしょうが、

花粉症になるまでは、「私はなるはずがない!」と思っていることでしょう。

添加物でも、「添加物の味」が分かる人と、分からない人といると思います。

添加物と同じ様に化学物質に身体が汚染されてしまっているのです・・・。

 

今では、一人一人がきちんとに日用品を見極められる様に

消費者センターが数多くの本を出版しています。

  

逆に言えば、家庭の中の合成界面活性剤を除去することによって

様々な被害や悩みが解決している方もたくさんいます。

  

日用品(化粧品)を選ぶのはアナタです。きちんと見極めてくださいね。

 

 合成洗剤って何? 

合成洗剤というと、洗濯用洗剤や台用洗剤が頭に浮かぶと思いますが、

合成界面活性剤を含む洗浄作用のあるものを総称して言います。

だから・・・、合成界面活性剤を含む

洗顔料、クレンジング剤、シャンプー、ボディソープ、石けん、歯磨き粉などの日用品も含むのです。

しかも、その洗浄力を調べてみると・・・

台所のガスコンロの油汚れを落とすクリーナーよりも強力で人体に有害なものです。

 天然界面活性剤と合成界面活性剤の違い 

天然界面活性剤

界面活性作用は適度

界面活性作用は        1度だけ

洗浄後は水で中和

浄化出来る

合成界面活性剤

界面活性作用は強力

界面活性作用は         何度でも永久

洗浄後は環境破壊をするものとなってしまう

浄化出来ない

     物に使う目的なら、粗悪なものでも安い方が良いでしょう・・・。

     石けん、シャンプー、歯磨き粉は、直接身体に使うものです。

   

      この違いが、あなたとあなたの家族の運命を左右します。

  

私たちが日常的に使用している

シャンプー、リンス、歯磨き粉、基礎化粧品、各種洗剤、シェービングクリームなど

のほとんどの製品には、「合成界面活性剤」と呼ばれる有害な成分が含まれています。

最近は、消費者の安全を守るために日本消費者連盟による出版物などでも詳しく取り上げられていますが、

これは人体や環境に対して明らかに有害な成分です。

 

 日本消費者連盟出版

界面活性剤とは、簡単にいうと水と油を混ぜるものです。

各種の洗浄剤は、界面活性剤のこのような性質を利用して、

油を含む汚れでも水で洗い流せるようにしているわけです。

化粧品については、乳化剤としてクリームや乳液などに幅広く使用されています。

そんなに危険なのに、なぜテレビで取り上げないの?

私は、はじめは「テレビで言っているから安心!!」「テレビで言わない事は信用出来ない・・・」と誤解していました。

詳しくはコチラ → なぜ、テレビで言わないの?

合成界面活性剤の影響

 

合成洗剤に使われる界面活性剤は、洗浄剤に使われる酸・アルカリ剤に見られるような

強い刺激や中毒症状は少ない反面、界面活性剤特有の特徴的な毒性を持っています。

合成界面活性剤による影響

◎皮膚障害

◎タンパク変性作用

◎殺精子作用

◎酸素活性阻止作用

◎溶血作用

◎発がん性

◎催奇形性

◎妊娠率低下

◎肝臓障害

◎アレルギー・アトピー性皮膚炎

 

合成界面活性剤による皮膚障害

洗剤は毎日使うものだけに、常用的な使用による人体への影響の懸念があります。

その最大のものが皮膚障害で、厚生省による家庭用品からの「健康被害調査」でも、

洗剤・洗浄剤による皮膚被害の件数が毎年トップになっています。

さらにそのなかで、洗剤による「進行性指掌角皮症」が大半を占めています。

これは、界面活性剤により皮脂膜が剥離し、角質層が乾燥し皮膚が亀裂するもので、痛みを伴います。

これらの症状はさらにゴム手袋や食物中のタンパクによってアレルギー症状を発生させたり、

ブドウ球菌や真菌による二次感染を引き起こしたりします。

タンパク変性作用

界面活性剤は、タンパク質を変性させるという特殊な作用を持っています。

タンパク質はアミノ酸の結合体ですが、アミノ酸はまず鎖状に結合してポリペプチドを形成し、

さらにこれが結合してタンパク質になります。

ところが界面活性剤のなかで、LASASAOSAESなどのS系のものは、

ポリペプチド同士の結合を切り放し、単一のポリベプチドと結びつき、

再びポリペプチド同士の結合をできなくさせてしまいます。

これらの作用をタンパク質変性作用といいます。

皮膚のタンパク質はこの作用により破壊され、慢性的な手荒れ症状を起こします。

殺精子作用

日用品が原因で不妊で悩んでいる方は結構いますね!

でも、気付かない方が多いのです!!

界面活性剤の多くは強力な殺精子作用を持っており、避妊具などにも使用されています。

これが実際、生活段階の使用のなかで不妊などに影響しているかどうかはまだ詳しく研究されていませんが、

界面活性剤特有の作用として知っておく必要はあるでしょう。

詳しくはコチラ → 近年増えている精子異常

酸素活性阻止作用

体内のさまざまな代謝は、酵素を触媒とした化学反応で行われています。

界面活性剤はこの酵素と反応し酵素タンパクを変性させてしまう為に、

酵素の働きを出来なくさせてしまうのです。

たとえば消化酵素の働きが悪くなると、せっかくの栄養分も体内に吸収されなくなってしまいます。

食品に残留した洗剤の界面活性剤が体内でこのような作用をしている可能性があるのです。

溶血作用

溶血とは赤血球膜を破壊し細胞内容物を溶出させる作用です。

多くの界面活性剤はこの作用を持っています

皮膚障害などで皮膚のバリア機能が弱まると界面活性剤が皮膚を浸透し血液内に入ることもあります。

発ガン性

界面活性剤そのものが直接発ガンの原因になるという実験データはありませんが、発ガンを促進させたり、

界面活性作用が発ガン物質を体内に吸収させやすくするといわれています。

また、界面活性剤の製造段階で副生物として出るもののなかに、

発ガン物質であるジオキサンがあり、混入しているものもあります。

催奇形性

残念ながら、日本は奇形児大国なのです・・・。

催奇形性とは、奇形や機能的欠陥をもって胎児が発生・生育することをいいます。

界面活性剤は、哺乳動物においては催奇形性はないとされていますが、

LASという界面活性剤による実験では魚での発生が確認されています。

詳しくはコチラ → 近年増えている精子異常

妊娠率低下

特に、美容師さんに多いですね・・・。

子宮は、体のフィルターの役割です!

 

界面活性剤には、殺精子作用や催奇形性など生殖作用に関する毒性がありますが、

ラットによる投与や皮下注射テストでは、妊娠率が低下したというデータもあります。

界面活性剤は、卵子に対しても何らかの毒性作用があるようです。

詳しくはコチラ → 近年増えている精子異常

肝臓障害

界面活性剤は洗剤をはじめ、歯みがき、シャンプー、リンス、化粧品など多くの製品に使用され、

生活段階での使用でも相当量が体内に入り吸収されていると考えられ、ますます増加傾向にあります。

これら体内に取り込まれた界面活性剤は肝臓に入り、肝臓障害の原因になるのではないかといわれています。

アレルギー・アトピー性皮膚炎

界面活性剤が残留してる肌着を着用したことによるアレルギー又はアトピー性皮膚炎の発症事例が増えています。

界面活性剤が何らかの形で免疫機能にも障害を引き起こす作用があるようです。

詳しくはコチラ → アトピー性皮膚炎

合成界面活性剤はなぜ危険か?

 

人間の皮膚は脂の膜でおおわれていて細菌の侵入などからまもってくれています。

ところが合成界面活性剤が皮膚にふれるとその特殊な働きにより皮膚の脂分を取りさってしまいます。

これが肌あれ、ヒビ割れです。

このような無防備な状態になると合成界面活性剤はさらに皮下へと浸透していき、細胞を破壊していきます。

さらには血管に侵入し全身へとまわっていくのです。

 

台所用合成洗剤をゴキブリにふりかけると即死することは知られています。

人間が間違って(2ccくらい)飲めばいのちに関わります。

まだ合成界面活性剤の危険について知らなかった頃、

食器だけではなくこれで生野菜も洗っていたことなどは今では信じられません。

合成界面活性剤の種類

合成界面活性剤は2000種類くらいあります。

たくさんありますが、覚える必要はありません。

特に毒性が強いとされているのはPOERPOEPLASAESAS5つです。

 

アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABSLAS

アルキル硫酸エステルナトリウム(AS

アルキルスルホン酸ナトリウム(SAS)、

アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム = ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES

アルファオレフィンスルホン酸ナトリウム(AOS)、

アルキルアミノカルボン酸塩=カルボキシベタイン(CB)、

アルキルベタイン(AB)、

アミノベタイン、

アルキルグコシド(AG)、

アルキルジメチルアミンオキシド(AAO)、 イソプロパノールアミド、ショ糖脂肪酸エステル(SE)、

スルフォベタイン(SB)、

フォスフォベタイン(PB)、

ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステルナトリウム(POE)、

ポリオキシエチレン脂肪酸エステル(PEFPELPESPEG)、

ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル(POEP

ポリオキシエチレンアルキルエーテル(POER

ポリオキシエチレン脂肪酸アミド、

ポリオキシエチレンアルキルアミン(POEAA)。

モノアルキルリン酸エステルナトリウム(MAP)、

高級脂肪酸エステルスルホン酸ナトリウム(SFE)、

塩化アルキルメチルアンモニウム=塩化アルキルトリメチルアンモニウム(CCTMA)、

塩化ジアルキルジメチルアンモニウム、

塩化ジアルキルジメチルベンジルアンモニウム=塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム(BZC)、

塩化アルキルビリジニウム(ABC)、

脂肪酸アルカノールアミド(MEADEATEA

上記の似たような名前は間違いなく合成界面活性剤です。

なお、メーカーはハーブを配合したり自然のものを一部配合したりして

「自然派」、「肌にやさしい」、「弱酸性」、「天然成分」、「ハーブ」、「肌にもやさしい」「・・の香り」

などと宣伝してきますがだまされてはいけません。

全て合成系です。

安全なセッケンであれば、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムで出来ています。

合成界面活性剤とセッケンの違い

合成界面活性剤は石油から人工的に作られるものですが、

セッケンは天然の油脂から作られるもので化学的には脂肪酸ナトリウム脂肪酸カリウムです。

また、合成界面活性剤は油分の洗浄力だけではなく、

皮膚への浸透力、細胞の破壊力を持っていますが、

セッケンは脂分と触れると直ぐにその能力を失ってしまいます。

さらに、合成界面活性剤は自然界では分解されるのに何日もかかったり分解されずに残りますが、

セッケンはわずか1日で微生物により水と炭酸ガスに分解されてしまうので環境にもやさしいのです。

子供には何を使うべきか?

子供たちには安全なセッケン系の製品を使うべきです。

わたしたちのまわりには化学物質があふれていて完全に避けることはできません。

ネズミの実験でもわかるように、危険な化学物質に対しても種の保存の観点から生残る個体もありますが、

ほとんどの個体が影響を受けます。

・・・であれば出来るだけリスクの高いものだけでも避けるのが賢明です。

子供は商品の危険性についての知識がないので親が購入する製品を拒否することは出来ないのです。

 

 洗濯用洗剤 

上記のように合成界面活性剤の残留性を考えると、セッケン系の洗剤が安心です。

 

 歯みがき粉 

口の中につかうハミガキは安全だろうと思ってはいけません。

一般のハミガキには台所用合成洗剤と同様、合成界面活性剤が含まれています。

口の中ということもあり、また子供の場合、間違って飲んでしまうこともあります。

ですから基本的にはハミガキなしで歯ブラシだけでよくみがけば十分です。

使う場合には良心的な会社が作っているセッケン系のハミガキならば安心して使えます。

 

ミミズを使った実験では、合成系ハミガキを溶かした水とセッケン系のハミガキを溶かした水では、

合成系に入れたミミズは死んでしまい、セッケン系では生き残るのです。

また、ネズミの舌での実験でも

合成系は舌の表面のザラザラした部分の細胞の表面が溶けるという結果も出ています。

ハミガキをした後に食事をすると味が変わるというのは、味覚がおかしくなっていたということです。

 

大手メーカーは大々的に「発泡剤、防腐剤を含まない」ものを売ることは絶対にできません。

なにしろ販売しているもののほとんどは合成界面活性剤入りだからです。

因みに、「歯が白くなる」と宣伝しているハミガキには白色着色剤である酸化チタンが入っています。

歯が白くなるのではなく、白く染めているだけなのです。

 ハンドソープ 

O−157問題あたりから子ども達の手洗いが言われるようになりました。

手洗い自体は重要なことですが、

台所用合成洗剤や洗濯用合成洗剤と同じ成分が入っているもので洗う必要はありません。

 

直接合成洗剤を手につける恐さもありますが、

特に幼児の場合には、手についている洗剤を舐めてしまうこともあるからです。

もしそれがセッケン系ならば問題ありませんが、合成系ならば吐かせるなどの応急処置の後、

場合によっては病院に連れて行くなど大騒ぎになります。

  

                                                  

inserted by FC2 system