<注意>  最大化画面にてご覧下さい。

  

 自律神経失調症

  

内臓の病気を思わせる症状があるのに、いくら検査をしても異常が証明できないことがあります。

このようなときに自立神経失調症という病名が用いられます。

自律神経失調症とは?

自律神経失調症の症状

全身症状

疲れやすい,だるい、のぼせる、冷えるなど。

脳神経系の症状

めまい、頭痛、頭重,集中力低下、しびれなど

循環器系の症状

血圧低下(特に起立性低血圧)脈の乱れ、胸苦しさ、動悸など

呼吸器系の症状

息切れ、喉の不快感、ため息、あくび、咳など

消化器系の症状

食欲不振、便秘、下痢、吐き気、嘔吐、げっぷ、胃部不快感など

.関節.筋肉の症状

後頭部の筋肉痛、肩こり、腰痛など

皮膚の症状

青白い皮膚、発汗、冷たい手足、顔の紅潮など

泌尿器系の症状

頻尿,性欲減退など

これらの症状が一気に出てくるので、とてもつらい状態です。

このうち、疲れやすい、だるい、めまい、集中力の低下といった症状の目立つ人が多いのですが、

常に状態が悪いのではなく、季節によって、一日の中での波があります。

状態は夏に悪くしかも午前中に症状が強くて不調で、

午後になると軽くなり、夜になると体調が良くなります。

特に若い女性や更年期の女性に多くみられますが、若い人にでも起こります。

自立神経失調症をおこしやすい遺伝的な体質に加え、

心因、生活環境、不摂生などが複雑に関係しておこります。

不定愁訴症候群

何となくモヤモヤして、はっきりと特定できないような体の不調(不定愁訴)には、

疲れやすい・だるい・胃がもたれる・食欲がない・手がしびれるなどがあります。

こうした体の不調にたいして、いろいろな身体的な検査をしても、

はっきりとした疾患(体の病気)などの異常が認められないものを呼んでいます。

本人は体の不調を訴えているにもかかわらず、検査では身体的な障害がみつからないのですから、

いわゆる神経症とも密接な関係がある訳です。

しかし、この場合に問題になるのは、とくに自立神経失調症との関連です。

検査を行うと、不定愁訴症候群にも三つのタイプがあることがわかります。

1.自立神経症タイプ

本当の意味での自律神経失調症で、自律神経機能検査で異常の認められるもの

2.心身症タイプ

自律神経機能検査で異常が認められ、

同時に心理的な要因が関連した体の不調や症状の現れてくるもの

3.神経症タイプ

自律神経機能検査で異常が認められず、もっぱら心理的な要因が関連して症状が現れてくるもの

 

とくに女性に多いといわれ、一般に精神状態が不安定になりやすい

春や季節の変わり目に症状が現れやすくなります。

自律神経失調症の治療

医薬品では、精神安定剤や鎮静剤が処方され、

最近ではホルモン補充療法が取り組まれています。

これらはいずれも自然治癒力を弱める方向に働きやすいので、

アロマやハーブ療法で対処する方法が望ましいものです。

ハーブティではセントジョンズワート,チェストベリー、ベルベーヌ、セージなどです。

セントジョンズワートは、抑うつ傾向の強い人、悲観的になる人に有効です。

人間の体内時計については、メラトニンというホルモンに似た物質が脳内で分泌され、

これが生体リズムを知らせる働きがあることがわかってきました。

セントジョンズワートはこのメラトニンのレベルを上げる作用があります。

更年期障害も身心の乱れが原因ですから、セントジョンズワートはこの年代のハーブといえます。

チェストベリーは乱れがちなホルモン分泌を正常化する働きがあり、

夜、緊張が強くて眠れない人は、夕食後から就寝前にかけて

ベルベーヌのハーブテイを飲むといいでしょう。

セージは更年期に特有の異常発汗やのぼせに有効です。

いずれの場合もイライラなどの神経症状が伴う場合はパッションフラワーをブレンドすると効果的です。

                                                  

inserted by FC2 system