<注意>  最大化画面にてご覧下さい。

   

 過敏性腸症候群 

   

過敏性腸症候群とは?

医学的には過敏性腸症候群は、神経性下痢と言われ、ストレスの多い現代では増えつつあります。

腸の健康には、腸の中に存在する腸内細菌が関わっています。

下痢の原因には様々なものがありますが、普段から腸の環境を整えておくことが大切です。

 

 私たちの腸内には、100種類、100兆個もの細菌が存在し、健康に役立つ菌を善玉菌、有害な作用をする菌を悪玉菌と呼んだりします。

 善玉菌の代表的なものには乳酸菌、ビフィズス菌などがあります。

 善玉菌は腸の調子を整えて消化・吸収を助けます。

 また、悪玉菌の増殖を抑え、有害な物質が作られるのを防ぐ働きもありますし、腸内にウイルスや細菌といった異物が入ってきたときにそれらと戦うしくみ(腸管免疫)を強化する働きも報告されています。

 私たちの腸の中では、善玉菌と悪玉菌が互いに自分の領土を広げようとして絶えず戦っていますが、善玉菌が優勢で、悪玉菌が劣勢という腸内細菌の正常なバランスを維持しておくと、下痢や便秘の予防に役立ちます。

 そのため乳酸菌やビフィズス菌を積極的にとるようにしましょう。

 また、食物繊維も腸内の善玉菌のエサとなることで、腸内環境を改善します。

 また、下痢をしてしまったときは、腸内細菌のバランスが乱れた状態になります。
 そのため下痢をした後には、特に乳酸菌やビフィズス菌を補給する必要がありま
す。

 

症状

★下痢の回数の増加。

★下痢、軟便症状の悪化

★強い腹痛だが排便により割と軽快し、何度も繰り返したり、長引いたりします。

★症状に苦しめられる割に体重が減らない。

★各種検査をしても異常データが出ない。

などが特徴です。

 

原因

★精神的ストレス。

★腹から足の冷え等の身体的ストレス。

★精神的・肉体的疲労。

★睡眠不足。

★過食

等です。この病気は遺伝的傾向に榊鮒に環境条件の重なった結果に起こる症状と考えられています。

 

過敏性腸症候群をはじめ下痢の予防をするためには・・・

精神的ストレスを減少させ、精神と肉体の安静をとることが必要です。

以下に日常生活の注意事項をあげました。これらの点に注意して、便通改善をめざしましょう。 

 

★規則正しい生活を心がける。

★睡眠を十分にとる。

朝食後に排便するよう習慣づける。

休日にはゆっくり休息し、リフレッシュする。

何か打ち込める趣味を持つ。

気楽に語り合える友人・同僚との交流をはかる。

からだを動かすように心がける。

職場や家庭内の悩み事は、できるだけ早い解決を。

アルコールは楽しく適量を。

それでもひどくなった時は抗コリン剤や安定剤を使用します。

 

但し、素人判断は禁物で、大腸畑癌や、潰瘍性大腸炎、クローン病等と症状が似ていますので、50歳以上で発症した人、6ヶ月以内に3kg以上の体重減少のあった人、粘血便、大腸症患にかかったことのある人、家族歴のある人は必ず病院の検査を受けて陰性のお墨付きを貰って下さい。

                                                  

inserted by FC2 system