<注意>  最大化画面にてご覧下さい。

  

 尿路結石 (尿管結石)

  

腎臓、尿管、膀胱、尿道などに石ができる病気です。

「富裕病」とも言われるこの病気は人種、気候、文化などよりも、

食事の影響がはるかに大きいことが分かってきました。

日本でも食生活の欧米化で本症の頻度は増え続けています。

尿路結石とは?

読んで字のごとく「尿路」に石ができる病気で、

その素材は尿に溶けこんでいるカルシウムやシュウ酸、リン酸などです。

これらのミネラル物質が何らかの原因で結晶となり、

有機物質も巻き込んで石のように固まってしまうのです。

石が作られる過程は、尿中の結石成分(ミネラル)の濃度が

可らかの原因で過飽和状態になり、腎臓に結晶核が生じます。

その結晶が成長、凝集して結石となると考えられています。

 

尿路結石は、20人に1人の割合で、男性の方が女性の2も発症しやすく、

40代を筆頭に、30代でも多い病気。

尿路結石の種類

石が出来る部位によって「上部尿路結石」と「下部尿路結石」に分かれますが、

現在では約95%は前者、すなわち腎臓で形成され、またはこれが尿管に下降したものです。

後者の膀胱結石あるいは尿道結石は約5%のみで、

しかも前立腺肥大症や尿道狭窄などの尿の出にくくなる状態の時にのみ出来ます。

尿路結石の症状

自覚症状としては、夜中や早朝に「疝痛(せんつう)発作」と呼ばれる激痛に襲われるのが特徴。

思わず転げ回ってしまうほど痛みが側腹部に突然襲います。

鋭い痛みが腎臓のある辺りから背中、脇腹、下腹部へと広がっていき、

時には血尿や吐き気などを伴うこともあります。

尿路結石の原因

男性に多いのはなぜ?

なぜ石が出来るのか治療法についてはさまざまな研究・開発が進んでいる結石ですが、

8割が不明という現状です。

 

わずかにわかっているのは・・・

尿路感染、代謝異常、男性ホルモン、薬

水分摂取の不足、塩分やカルシウムのとりすぎ、体質(遺伝)

おしっこを我慢しすぎるのも、出来やすくするそうです。

男性が多い理由としては、

男性ホルモンが、結石の成分となりやすいシュウ酸を増やすのに対し、

女性ホルモンは、結石をできにくくするクエン酸を増やすはたらきがあるからだと考えられています。

 

シュウ酸とは・・・

ほうれん草などの野菜に含まれている、いわゆる「アク」のこと。

チョコレートや紅茶にも含まれている。

 

<<成分の違いによる結石>>

名前

特長

シュウ酸

カルシウム

尿路結石の約8割を占めるのが、このシュウ酸カルシウムを主成分とするもの。

尿中のシュウ酸が増えるために起こる。

リン酸

カルシウム

尿がアルカリ性になったときに結石ができやすい。

シュウ酸カルシウムと一緒にできることも多い。

リン酸

マグネシウムアンモニウム

尿路感染が原因でできる、女性に多い結石の主成分。

この結石ができると、結石が細菌を増やし、さらに結石ができるという悪循環に陥りやすい。

尿酸

高尿酸血症、高尿酸尿症、痛風などの人にできやすい結石。

酸性化した尿をアルカリ性にすることで改善できる。

シスチン

遺伝による尿路結石の代表。

尿をアルカリ性にすることで溶かすことができる。

尿路結石の予防

水分をたっぷり摂る

1日2リットル位)

尿中のミネラル濃度を低くすることで、結石をできにくくすることができる。

特に夜、寝る前にはコップ1杯の水分を。

ビールが利尿作用が良いので『ビールを飲め!』と言いますが、

ビールは尿の濃縮、尿の酸性化を招き結石が出来やすくなります。

脂肪分の多い食事を控える

吸収されきれなかった脂肪分がカルシウムと結合し、体内にシュウ酸を増やす結果になりやすい。

野菜をたっぷり摂る

マグネシウムを含む野菜は結石の抑制に、

アルカリ性の野菜は体内でクエン酸を作って結石を抑える効果があります。

野菜に多く含まれているマグネシウムが結石を出来にくくします。野菜を多く取りましょう。

シュウ酸の多い飲み物や食品を控える

シュウ酸が多いのは・・・

ほうれん草やタケノコ、ナッツ類、チョコレート、紅茶、コーヒー、ビール、コーラ、緑茶など

しゅう酸を多く含む食品は結石を作りやすいといわれます。

ほどほどにしましょう。

ほうれん草などの野菜は、ゆでるなどしてアクをとってから食べよう。

塩分・糖分を控える

塩も砂糖も、尿中のカルシウム濃度をあげる作用があり、結石をできやすくしてしまう。

動物性蛋白質は控える

動物性蛋白質の取りすぎはビールと同様に

尿中のカルシウムの増加、尿の酸性化、尿中尿酸の増加を招きます。

植物性蛋白とのバランスをとり、野菜も多く取りましょう。

主に食生活の注意点が多いが、かといって偏った食事になっては意味がありません。

栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

また、適度な運動によって代謝をスムーズにすることもおすすめです。

                                                  

inserted by FC2 system